セロトニンで不眠症対策・改善

MENU

セロトニン欠乏脳を改善する方法

セロトニン欠乏脳は、慢性的な不安を招きます。同じ様な出来事に対して、楽観的に考えられる人と、考えすぎて取り越し苦労する人がおります。これには先天的な性格だけでなく、セロトニン欠乏脳が関係していることが多いのです。

 

セロトニン欠乏脳が不安、イライラ、ストレスを誘発するというのは医療従事者の間では有名な話です。医療の世界では、セロトニンの名称は50年以上前から知られているのです。

 

近年、広くセロトニンが知られるようになった背景には、ストレス社会の問題があります。ストレスが蓄積することで、生活バランスが乱れてしまい、それがセロトニン欠乏を招いているのです。

 

人間はストレスを感じるとイライラしますし、些細なことでも腹を立てるようになります。こうした状態は疲労を招きますし、睡眠の質も低下させるのです。疲れているのにイライラして眠られない、といった経験は誰もがあるでしょう。

 

疲労・ストレスが溜まっているのに眠られない状態は、身体にとって最悪です。脳が十分に休息を取れなくなりますし、何より睡眠時間が不足してしまいます。こうした状態では食欲も低下し、朝食を摂らずに出勤する要因ともなります。

 

セロトニン欠乏脳を改善するためには、欠食はよくありません。特に朝食は絶対に食べたほうがいいのです。朝食を摂るためには、必然的に早く起きなければなりません。

 

それにより、日光を浴びる機会が増えますし、朝食を摂ることでセロトニンの原料となるトリプトファンを摂取できるのです。朝食を食べない方はイライラしやすいと言われますが、これにはセロトニン不足も大いに関係しています。

 

セロトニン欠乏脳に陥る方は、運動をあまりしない傾向もあります。運動は体内バランスを正常にする作用があります。

 

特にウォーキング、ジョギング、エクササイズなどのリズミカルな運動は体内リズムを調整してセロトニン欠乏脳を回避するために役立ちます。

 

朝起きたら、コップ1杯の水を飲んで、適度な運動をしてから食事を摂る、という生活習慣の積み重ねが大切です。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから