セロトニンで不眠症対策・改善

MENU

セロトニン症候群について

セロトニンは心身のバランス調整のために必須ですが分泌が過剰になると弊害も生じます。
こうした状態をセロトニン症候群と呼んでいます。

 

通常の生活習慣ではセロトニンが過剰になることはありません。分泌異常が発生するケースは主に医薬品の影響があります。セロトニン作動系の薬を摂りすぎることが原因となる場合が多いです。

 

また健康食品でも使用されるセント・ジョーンズ・ワート(西洋オトギリソウ)の摂りすぎにも注意が必要です。1日の摂取目安量を超えないようにして飲む必要があります。

 

一般の方が間違えてはいけないのがサプリだから際限なく飲んでいいわけではないことです。

 

セロトニン症候群は最悪のケースでは死に至ります。それ以前に頭痛・めまい・嘔吐などの症状が表れるのが普通です。

 

現在SSRIの処方を受けている方は注意が必要です。高齢者の方は薬効が強くなりやすいため1日の服用量を超えて飲むのは絶対にいけません。

 

セロトニン症候群だと診断された場合は該当する薬の投与を中止します。検査を受けるときは、SSRIなどの精神疾患用の薬を処方しているのを伝えておいてください。

 

セロトニン症候群は鬱と似たような症状が表れるため、鬱病治療のためにSSRIを服用している方は薬による影響だと気づきにくいです。ただ通常の鬱病とは異なり、発汗・発熱が顕著に表れます。いつもと様子が違うと思ったらすぐに医師の診断を受けるべきでしょう。

 

薬・サプリ以外では、セロトニン症候群を引き起こす可能性はほとんどありませんが、トリプトファンの摂りすぎは控えたほうがよいでしょう。セロトニンの元となる成分であり、過剰に摂りすぎるとセロトニン症候群を引き起こすことがあります。

 

トリプトファンは1日3食の食事で補えるので、トリプトファンのサプリを使用する必要はありません。食生活が乱れている方は、牛乳・豆乳を飲むようにすれば、十分なトリプトファンを摂取できます。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから