薬剤性不眠

MENU

薬剤性不眠

普段飲んでいる薬剤が原因となって不眠を起こしていることがあります。そのような不眠のことを薬剤性不眠と呼びます。

 

薬

 

薬原性不眠というのは薬剤によって不眠の発現率というのは大きく違いがあります。ステロイド製剤、インターフェロン製剤といったものは高い発現率があります。

 

過眠症の治療のために使用されている薬剤によって夜間に不眠が起こるような場合には、それは薬剤本来の働きによるものですそのため薬剤性不眠であるということは簡単に知ることができます。

 

しかし身体疾患の治療において用いられている薬剤の副作用として薬剤性不眠を発症している場合には簡単には気付くことができません。その結果、睡眠薬が処方されることもあるのです。

 

そのため、飲んでいる薬剤にどのような副作用があるのか、ということを自分でも十分に把握しておくようにしなければなりません。

 

不眠というのは薬剤性不眠はもちろんその他の原因によって不眠になっていることもあります。

 

不眠の原因となるものは様々ありますので、不眠の原因を究明するというのは簡単ではありません。ただし薬剤を服用している方で不眠を発症しているのであれば、まずは不眠の原因が薬剤にあるのではないかということを考えてみてはどうでしょうか?

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから