睡眠関連の病気

MENU

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群というのは、睡眠中に呼吸が停止してしまう非常に危険な病気です。この睡眠時無呼吸症候群というのはSASと呼ばれることが一般的です。

 

有病率というのは人口の約4%と言われています。日本には潜在的な患者までみればその数は200万人にまで及ぶと推定されているのです。

 

睡眠

 

睡眠時無呼吸症候群というのは一晩につき7時間睡眠をとっている場合でいうと、10秒以上も呼吸が停止しそれが30回以上も繰り返している場合です。

 

周囲の人には睡眠時無呼吸症候群の人というのは一見すると一晩中眠っているように見えるのですが、実は10回から100回も目を覚ましてしまっているのです。

 

このような状態ではノンレム睡眠を得ることができませんので、日中に集中力の低下や活力の低下を引き起こしてしまうのです。日中には我慢できない程に強い眠気や倦怠感を感じるようになってしまい居眠りなどをしてしまうことも増えるようになります。

 

また無呼吸や低呼吸の状態では睡眠中に体内の酸素量が不足してしまい循環器軽に大きな負担がかかってしまいます。そのため心拍数の増加や心不全、脳梗塞といった病気を発症してしまうようになります。

小児の閉塞性無呼吸症候群

小児の睡眠時無呼吸症候群の大半は閉塞性睡眠時無呼吸になります。
いびきというのはアデノイド、扁桃腺肥大といったものによって気道が狭くなってしまいます。

 

その結果、呼吸に伴い発生する雑音になります。起きている時というのは鼻が詰まっていたとしても口で呼吸することができます。

 

寝ている赤ちゃん

 

しかし睡眠中というのは無意識のうちに鼻で呼吸しようとしますので、
いびきや無呼吸が起きてしまうのです。

 

副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症のような鼻呼吸における障害を発症していたりアレルギー性鼻炎などによって慢性的に鼻づまりの症状がある方にもいびきは多く見られます。

 

睡眠時呼吸障害の合併症というのは予備能の小さな乳幼児、そして小児にとっても重篤な障害となってしまい、突然死の原因となってしまうこともあります。

 

特に鼻呼吸が重要とされている小児の解剖学的な特徴を理解したうえでも適切に睡眠呼吸障害を診断、治療することがなによりも大切なのです。

 

小児の睡眠時無呼吸症候群の症状というのは主にいびきやのどの渇き、倦怠感や起床時間の遅延、夜間の体動、集中力の欠如といったものが起こります。

 

さらに睡眠リズムが乱れてしまうと昼と夜とが逆転してしまい不登校を起こしてしまうこともあります。落ち着きがなくなったり異常行動を起こすようになってしまうこともあります。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから