睡眠に関連した病気

MENU

睡眠相前進症候群

朝の3時頃になって目が覚めてしまう…そのような方も非常に多いようです。そのため睡眠薬を処方してほしいと希望する方も多いのです。

 

朝3時を指す時計

 

自分が希望をしている時間よりも2時間から3時間早く目覚めてしまうような場合には早朝覚醒という睡眠障害を発症している可能性があります。

 

しかし、この場合には眠りにつく時刻について確認をしておくようにしなければなりません。
早朝覚醒を訴える方の大半、高齢の方です。

 

夕食後すぐに眠ってしまうために就寝時間が非常に早いということなのです。
そして早朝に目が覚めてしまうわけです。

 

このように睡眠時間帯が早い時刻に固定されてしまうことで極端な早寝早起きが1週間以上継続している状態を睡眠相前退症候群といいます。

 

一般的には夕方から夜の比較的早い時刻に寝付き、早朝に覚醒するパターンになります。このような場合には早朝に目覚めて眠ることができないことや、夕方に強い眠気に襲われることがあります。

 

睡眠相前退症候群というのは子供や若い方には比較的少なく、
年齢が進めばそれだけ頻度は増えていきます。

 

中高年であり、このような症状に悩まされているのであれば睡眠相前退症候群を発症している可能性が極めて高いということを覚えておくようにしあしょう。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから