寝酒

MENU

寝酒と睡眠障害

眠れない時というのはどのような事をしていますか?基本的に眠れない時には、まず飲酒をしてみる。これは日本では一般的になっていますよね。

 

アルコール

 

しかし欧米では眠れない時には睡眠薬を飲みます。

 

1週間に1回以上の寝酒をする人というのは男性の48%、女性であれば18%にもなるといわれています。年齢とともに寝酒をしている方は増加していきます。

 

この睡眠時のお酒というのは、次第に耐性ができていきます。つまり最初よりもより多くのお酒を飲まなければ眠れなくなってしまうのです。

 

寝酒をする人というのはアルコール依存症を発症するリスクが非常に高く、不眠のない人の2倍から5倍もの危険性があると言われています。またアルコール依存症患者の60%は不眠によってアルコールを摂るようになったといわれているのです。

 

適切な不眠症の治療を受ければアルコール依存症になることはなかったのですから、不眠のために飲むアルコールの費用はもちろん、不眠が原因となってアルコール依存症になった場合の治療費というのは余計なコストだということになりますよね。

 

このようにアルコール依存症と不眠というのは非常に深い関係性がありますので、そのことをよく覚えておくようにしてくださいね。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから