セロトニンで不眠症対策・改善

MENU

ベノジール〜ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤〜

ベノジールは脳の神経を鎮め、緊張を解きほぐすことで入眠を促進させる睡眠薬です。さまざまな不眠症に効果的であり、目覚めもよく、高齢者にも適しているのが特徴です。

 

それでいて持続時間は長いため、中途覚醒にもしっかりと働いてくれます。寝つきは良くても、夜中に何度も目が覚めてしまう方は不眠症に該当します。短期的にベノジールを服用して、睡眠リズムを元に戻すことをおすすめします。

 

次に、用法・用量は、成人1回につき10〜30mgを就寝前に服用します。高齢の方は、用量を少なくすることもあります。副作用は弱いですが、途中で目が覚めて布団から起き上がった時によろける可能性があるため、部屋は片付けておいた方が安全と言えるでしょう。

 

尚、ベノジールの副作用には、眠気、ふらつき、めまい、などがあります。

 

また、薬効が長く続くため、昼間の仕事に影響することもあります。注意して作業するようにし、危険度の高い作業を行う方は、別の睡眠薬を処方してもらう必要性もあるでしょう。

 

医療従事者の意見の多くは、睡眠薬には相性があることです。不眠症の症状は人によって違いますし、体質・体型・年齢などの問題もあります。

 

状況によって使い分けていく必要があるため、友人や家族が使用している睡眠薬をもらうことは絶対にいけません。

 

ベノジールは依存症が起こりにくい睡眠薬ですが、長期的に連用をすることはいけません。不眠症治療では、睡眠薬の服用と並行して、生活習慣の見直しも行っていきます。

 

就寝時間が不規則になると、不眠症のリスクが増します。毎日同じ時間に眠たくなるのが理想なのです。就寝時間は夜10時〜翌朝5時30分というように決めておくことです。

 

身体が睡眠リズムを覚えてしまえば、目覚ましを使わなくとも5時30分前後に目が覚めるようになるのです。

 

不眠症が慢性化している方は、生活リズムが崩れていると考えていいでしょう。ストレス解消が苦手な方ほど、不眠症に陥りやすいのです。自分なりのストレス解消方法を見つけましょう。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから

ベノジール〜睡眠薬の種類と解説Q〜関連ページ

マイスリー 〜睡眠薬の種類と解説@〜
マイスリーとは、睡眠導入剤のひとつです。 超短時間作用型に属するため、主に入眠障害を解消するために用いられます。マイスリーは、脳の神経を落ち着かせることで、心地よい眠りに導く作用があります。
ハルシオン〜睡眠薬の種類と解説A〜
ハルシオンは脳の神経を鎮めることで、自然な眠りに導いてくれる睡眠薬です。睡眠薬の中でも即効性があり、安全性も高いことで知られています。
アバモン〜睡眠薬の種類と解説B〜
アモバンは入眠障害に効果を発揮する睡眠薬です。 自然な入眠を誘発してくれるので、非常に効果の実感がしやすいことが特徴です。薬効はそれほど強くはありませんが、薬物依存のリスクが低い点はメリットです。
ルネスタ〜睡眠薬の種類と解説C
ルネスタは不安・緊張を解消して眠りにつきやすくする超短時間作用型の睡眠導入剤です。また、寝つきに至るまでが自然であり、違和感なく入眠できます。習慣性医薬品に属するため、事前に処方箋を受けてから服用してください。
デパス〜睡眠薬の種類と解説D〜
デパスは、チエノジアゼピン系の抗不安薬です。心身を落ち着かせることで、不安・緊張を軽減させます。そのため、自律神経のバランス悪化による不眠症の解消にも使われます。
レンドルミン〜睡眠薬の種類と解説E〜
レンドルミンは、脳の神経を鎮めることで、気持ちを落ち着かせて入眠に導いてくれるチエノジアゼピン系の睡眠導入剤です。麻酔前投与薬としても活用されます。
リスミー〜睡眠薬の種類と解説F〜
リスミーは、短-中時間作用型の睡眠導入剤です。入眠障害のほか、夜中に目が覚めてしまう方にも適しています。
エバミール〜睡眠薬の種類と解説G〜
エバミールは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。 購入する際は、医師の処方箋が必要となります。 習慣性のある薬なので、長期連用をすることは避けます。
ロラメット(ロルメタゼパム)〜睡眠薬の種類と解説H〜
ロラメット(ロルメタゼパム)は不眠症治療に使われる睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)の一種です。ロラメットは脳をリラックスさせて、入眠に導きやすくします。
エリミン〜睡眠薬の種類と解説I〜
エリミンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(中間型)です。脳の緊張を鎮めることで、気持ちを落ち着かせます。日中の不安、緊張、ストレスを解消して、睡眠を促進する作用があります。
ロヒプノール〜睡眠薬の種類と解説J〜
ロヒプノールは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。ベンゾジアゼピン系の中で最も効果が高く、不眠症、抗不安に優れた効果を発揮します。
サイレース〜睡眠薬の種類と解説K〜
サイレースは、中間型の睡眠導入剤です。寝つきが悪い方はもちろん、夜中に目が覚める方、早朝に目が覚めてしまう方にも適しています。
ユーロジン〜睡眠薬の種類と解説L〜
ユーロジンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(中時間作用型)です。抗不安薬として使用されることが多いですが、不眠症の治療、麻酔前投薬などにも使用されます。
ベンザリン〜睡眠薬の種類と解説M〜
ベンザリンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(中期〜長期作用型)です。不眠症のほか、麻酔前投薬にも使用されます。
ネルボン〜睡眠薬の種類と解説N〜
ネルボンは中枢神経に働きかけることで、自然な眠りに導く薬です。不眠症のほか、うつ病、心身症の治療にも使用されます。
ドラール〜睡眠薬の種類と解説O〜
ドラールは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。一般的な睡眠薬と同じく、緊張を軽減して睡眠を促進します。離脱症状も起こりにくく、一時的な不眠解消のために適した薬です。
ダルメート(フルラゼパム)〜睡眠薬の種類と解説P〜
ダルメート(一般名フルラゼパム)はベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の一種で長時間作用型に属し、睡眠薬の中でもトップクラスの持続時間を誇ります。
ソメリン(ハロキサゾラム)〜睡眠薬の種類と解説R〜
ソメリン(ハロキサゾラム)はベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の一種で長時間作用型に属しており、不眠症の症状全般の治療によく使われます。
ロゼレム(ラメルテオン)〜睡眠薬の種類と解説S〜
ロゼレム(ラメルテオン)は
トリクロリール〜睡眠薬の種類と解説21〜
トリクロリールは催眠鎮静薬の一種です。睡眠薬としてはあまり使われません。赤ちゃんの脳波検査の際に使用されることが多いです。
エスクレ(抱水クロラール)〜睡眠薬の種類と解説22〜
エスクレは、中枢神経に働きかける催眠鎮静剤です。不眠症のほか、うつ病、神経症の治療にも使われています。催眠効果に優れており、薬剤が比較的早く体内から排出されます。
ドリエル〜睡眠薬の種類と解説23〜
ドリエルの特徴は、患者によって効果の感じ方に差があることです。処方される睡眠薬と比べてこの特徴が顕著であり、効かない人にはほとんど効きません。