糖尿病

MENU

糖尿病と不眠症

不眠症や睡眠不足であれば、肥満になるだけではなく、糖尿病を発症しやすくなってしまいます。

 

欧米においては6000人以上の中年男性を対象にした研究においては、不眠がある人はない人に比べると糖尿病を発症するリスクが1.5倍にもなるということがわかったのです。

 

ハンバーガーとポテト

 

日本における調査でも、同様の結果が出ているのです。寝付きの悪い人は、悪くない人に比べると糖尿病を発症するリスクが3倍にもなると考えられているのです。

 

夜中に目が覚めてしまう人はそうでない人に比較すると2.3倍に上昇することが分かっています。睡眠時間と糖尿病との発症率には大きく関係があります。

 

睡眠時間が6時間以下の人の場合には2倍、5時間以下の場合には2.5倍にまで上昇してしまうということがわかっています。睡眠時間が長過ぎても糖尿病の人が多く、9時間以上眠っている人では1.8倍になるとも言われているのです。

 

平均的な睡眠時間で、若い男性を対象に行われた実験では、睡眠時間を短縮したとしても、膵臓から分泌されているインスリンの量は変化しないのですが、食後の血糖値が上昇しました。

 

これは体中の細胞においてインスリンを上手に活用できなくなってしまったからです。このように睡眠不足や不眠は日中の活動性が落ちてしまい、インスリンの働きを邪魔するホルモンの分泌量が増加し、インスリン抵抗性が弱まります。

 

そして血糖値を下げようとして、膵臓が過剰に働き結果的に糖尿病を発症してしまうようになるんですよ。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから