睡眠の質を改善する

MENU

睡眠の質を改善する

セロトニンが十分に分泌されるようになると、睡眠成分メラトニンも十分に分泌されるようになります。

 

このメラトニンは自然の睡眠薬として機能し、人間の脈拍、体温、血圧を下げ眠りに導きます。メラトニンの働きで体温が0.5〜1度下がると眠気を催します。

 

逆にいうとこのメラトニンが十分に分泌されないと深い眠りを取ることができず睡眠後も眠気、疲労感が残ってしまします。

 

このメラトニンが分泌される条件が日中セロトニンがしっかり分泌されていることです。セロトニンは昼に人間を覚醒させ、それが夜メラトニンの原料になり、メラトニンが睡眠に導くという循環的な関係にあります。

 

またメラトニンは昼には分泌されないという特徴があります。つまり夜に寝る代わりに昼に寝てもメラトニンが分泌されないため深い眠りを取ることができないというわけですね。

 

昼夜逆転した生活を送るとどうも体の調子が悪い、疲れがとれないという感じが起きますが、この原因の一つにメラトニンの分泌があるのです。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから