気管支喘息

MENU

気管支喘息による不眠

気管支喘息によって起こる呼吸困難や喘鳴によって不眠状態になります。

 

診療や治療が開始されていない患者や治療コントロールが困難、もしくは不良な場合に不眠を訴えることがあります。

 

ぜんそくで咳き込む女性

 

喘息発作というのは睡眠前半において生じることは少ないのですが、睡眠後半における喘息の発作において不眠を起こすことが多いです。

 

喘息と関連した覚醒、不眠によって診断されます。気管支拡張薬などの喘息の治療によって、喘息の症状を緩和することで治療的診断が有用になる場合もあります。

 

主な治療法ですが、喘息の治療がなによりも最優先されます。

 

不眠症状というのは喘息に対して行われる治療によって改善しますが、テオフィリンなどの薬剤はカフェインと同じように覚醒作用を持っています。そのため不眠の原因となってしまうことも少なくありません。

 

喘息の発作というのは酷い場合には息をすることができず、チアノーゼを起こすこともあります。そのため、不眠を改善するというのはもちろんですが、それ以前に喘息による体の負担を軽減するためにも、まずは喘息の治療を行うようにしましょう。

 

循環器科において喘息の治療を行い、それでも不眠の状態が続くのであれば不眠治療を開始することになります。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから