高血圧

MENU

高血圧と不眠症

睡眠時間というのは短くなる一方ですが、高血圧患者はどんどん増加してきています。最近では睡眠障害と高血圧の間には不快関係があるということがわかっています。不眠が難治性高血圧の原因の1つだといわれているんですよ。

 

血圧を測る男性

 

ある研究データによると平均睡眠時間が5時間以下の人は高血圧になりやすいということが指摘されています。

 

若い人や高齢者というのは、少々睡眠時間が短いとしても高血圧にはなりにくいといわれています。しかし中年層になると睡眠不足が高血圧になりやすい傾向にあるということです。

 

特に睡眠障害の中でも非常に多く知られている睡眠時無呼吸症候群というのは高血圧に深く関係しています。血圧が正常で健康な人というのは昼間よりも夜に血圧が下がります。

 

夜になっても血圧が下がらなかったり、上がってしまう人というのは脳梗塞を起こしやすく、寿命も短くなってしまうということがわかっています。

 

睡眠時無呼吸症候群の患者さんには夜間に血圧が低下しないタイプの方が非常に多いです。これは睡眠中に呼吸が止まってしまっていると、血液中における酸素量が減少してしまいます。

 

その結果、二酸化炭素量が増加してしまい何度も目覚めるようになってしまうのです。

 

薬を飲んでも血圧がしっかりと低下しない場合には、睡眠時無呼吸症候群を発症している可能性もあります。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから