更年期障害

MENU

更年期障害に伴う不眠

中高年女性というのは閉経周辺期における女性ホルモン分泌量の変動によって不眠症状などの身体的な症状が出やすいと考えられています。

 

のぼせやほてり発汗といった更年期障害特有の症状と同時に不眠や倦怠感といった症状が見られるようになることが多いです。

 

更年期障害に悩む女性

 

更年期障害と言うのは閉経周辺期における不定愁訴が主な症状となりますので、診断が困難です。

 

しかしのぼせやほてり、発汗を伴う不眠においてはその可能性が高いでしょう。ホルモン補充療法によって症状を緩和することもできると考えられています。

 

ホルモン補充療法を行うことで2週間から3ヶ月は発汗やほてりといった症状はもちろん、それに伴う不眠症状も緩和することができます。

 

またホルモン補充療法というのは発がんリスクがありますので、メリットとデメリットについてしっかりと把握しておく必要があります。

 

神経症症状や抑うつ症状などがあるのであれば、精神安定剤や抗うつ薬を併用することが必要になります。

 

更年期障害というのは女性だけでなく男性にも発症するものです。そのため更年期障害特有の症状とともに不眠の症状が出ているような時にはできる限り早く専門医に相談をしてみるようにしてください。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから