時差障害(時差ボケ)

MENU

時差障害(時差ボケ)と不眠症

時差ボケのことを睡眠医学においては時差障害といいます。その診断基準というのは次のようになります。

 

飛行機

 

・ジェット機に載って3時間以上の時差ボケのある場所に旅行をした場合には不眠や仮眠を自覚する。

 

・旅行後1日から2日以内に昼間の精神的、肉知的な機能が低下してしまったり、全身がだるくなってくると胃腸障害などといった症状が出るようになります。

 

・睡眠障害はその他の睡眠障害や内科、精神科の病気などではうまく説明することができない。

 

このような症状が出る場合には、時差障害だと言われています。

 

時差ボケによる症状としてもっとも多いのは、もちろん睡眠障害になります。パイロットを対象に行われた調査においては60%以上の方が睡眠障害の症状を訴えているのです。

 

日中の眠気や知的な作業能率の低下、食欲低下といった症状は10人に1人は感じていると考えられています。その他にもぼんやりしたり、頭が痛い、目の疲れ、吐き気やイライラといった症状が見られるようになります。

 

この時差障害というのは高速で時差のある場所を移動することで起こります。体内時計と現地との生活時間とにズレが生じることで発症しているのです。

 

そして睡眠と覚醒とのリズムがバラバラになることで、時差障害の症状はどんどん酷くなります。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから