セロトニンが脳内睡眠薬メラトニンを合成する

MENU

脳内睡眠薬メラトニンを合成する

またセルトニンには脳内睡眠薬ともいえるメラトニンを合成するという重要な役割があります。

 

メラトニンは睡眠時分泌される物質で、体を覚醒状態から睡眠に誘導する役割があります。このメラトニンが十分に分泌されないと深い睡眠を取ることができず

 

  • 寝付けない
  • すぐ目が覚める
  • 眠っても疲れが取れない

などの困った状態を引き起こします。

 

またメラトニンは体の活性酸素を除去する役割がありますから、メラトニンが不足すると活性酸素をうまく除去できず、「疲れやすい体」または「老化しやすい体」になってしまいます。

 

そんなメラトニンはセルトニンからつくられ、2つは両輪の関係にあります。昼にセルトニンをしっかり分泌することで、夜にメラトニンが十分につくられ、メラトニンによって快適な睡眠がとれるからこそ、セルトニンがまた合成される関係になるのです。

 

この正常なメラトニンとセルトニンの循環を作ることが睡眠障害を克服する最大のカギなのです。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから