睡眠に関連する病気

MENU

ナルコレプシーとは

過眠症の代表的なものとしてよく知られているのがナルコレプシーです。ナルコプシーとは急に眠り込んでしまったり、笑い、喜び、怒りなどの感情が誘因になり全身の力が抜けてしまったりする症状のことです。

 

ナルコレプシーの患者さんというのは主に4つの症状が出ると考えられています。この中の症状には健康な人でも現れる症状があります。

 

また4つの症状が全て出るような方もいます。それは全体の20%から25%程度です。では4つの症状についてご紹介します。

 

昼間の耐えられないほどの眠気

危険な作業や重要な会議に出なければならない時などにおいて、緊張感はあっても突然眠気が出てしまうこともあります。居眠りはだいたい30分程度で自然に目覚めます。

 

情動脱力発作

情動脱力発作というのは笑う、喜ぶ、怒る、驚くといった感情が引き金となって全身の筋肉の力が同時に抜けてしまうという発作になります。場合によっては倒れてしまうようなこともありあす。

 

睡眠麻痺

かなしばりと呼ばれるものなのですが、寝入りばなであったり目覚めた直後などに起こります。睡眠麻痺は数分以内に自然になくなってしまいます。健常な人の場合には根付いてから90分から120分して現れるレム睡眠が睡眠直後に現れるのです。

 

入眠時幻覚

寝付く時に幻覚を見ることがあるのですが、あやしい人影や、化け物が危害を加えるなど非常にリアルな幻覚を見ることもあります。

ナルコプシーと不眠

このナルコレプシーというのは不眠の原因となることもあります。ナルコレプシーの患者さんというのは寝入りばなに金縛りを起こしやすくなります。

 

金縛りに対して恐怖感を感じることによって、眠ること自体に恐怖を抱き、眠ることができなくなってしまいます。ナルコレプシーの有病率というのは人種によって異なると考えられています。

 

欧米においては1万人に2人から4人程度なのですが、日本においては1万人に16人から18人と考えられています。全国的にみると20万人もの患者さんがいると考えられています。

 

つまり、決して珍しい病気ではありあせん。

 

直木賞作家として非常に有名な阿佐田哲也さんもこのナルコレプシーに悩まされていたと言われています。多くの場合には思春期を中心にして10代からはじまり発生頻度には男女差などはありません。

 

家族で同じ症状に悩まされている方ももちろんいるのですが、基本的には単独で発症する病気だと考えられています。

 

また、ナルコレプシーを発症している人というのは、脳脊髄液中にあるたんぱく質の一種であるオレキシンAの濃度が不足している可能性が高いといわれています。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから