睡眠に関連した病気

MENU

中途覚醒による睡眠障害

中途覚醒が何度も起きていると、熟眠感を得ることができずに翌日の体や精神活動に悪影響を及ぼすようになります。そして日中に眠気を強く感じるようになることもあります。

 

寝ている女性

 

日本では成人の15%がこのような中途覚醒型不眠を持っていると言われています。

 

中途覚醒型不眠というのは中高年においては特に頻度が高いです。

 

アルコール摂取や夜間における頻尿、さらに睡眠時無呼吸症候群、レストレスレッグス症候群といった睡眠を妨害する様々な身体的要因が原因となって中途覚醒や早朝覚醒をしてしまうということがよく知られています。

 

特に尿意によって目が覚める高齢の方というのは非常に多いです。このような尿意によって何度も目が覚めるような場合には、前立腺肥大や尿路感染症、泌尿器系の疾患がある可能性があります。

 

睡眠時に尿意を感じて中途覚醒をするような場合には、様々な病気を発症している可能性もあるのです。

 

さらに足がガクッとして目が覚めるといった、睡眠時周期性四肢運動障害ではこのような訴えをしている患者が多いのです。

 

症状は眠り始めると下肢筋の不随意運動が反復して起こるようになります。

 

その結果、布団を跳ね上げる程に足がガクッと動いてしまうことがあるのです。それが原因となって中途覚醒を起こしてしまうようになります。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから