肥満

MENU

肥満による不眠症

美肌のために睡眠というのは非常に大切であるということが知られています。ダイエットのためにもしっかりと質の良い睡眠をとる、というのはとても大切なことです。

 

肥満

 

海外における研究によると、肥満度は7時間から8時間眠る人が最も低いということがわかっています。この睡眠時間よりも長くても短くても肥満度というのは高くなることが分かっているのです。

 

日本人の健康診断のデータを分析した研究によれば、同じような結果がでているのです。約2万人の日本人男性で平均睡眠時間、そして肥満との関係性を調べた研究があります。その研究によると睡眠時間が5時間以上の人と5時間未満の人とを比較した場合には、5時間未満の人の方が肥満になりやすいのです。

 

ではどうして睡眠時間が短い場合には肥満になるリスクが高くなるのでしょうか?

 

睡眠時間が短い場合には、満腹ホルモンであるレプチンが減少してしまうことで、空腹ホルモンであるグレリンが大幅に増加してしまいます。睡眠時間が5時間の人は8時間の人と比べるとレプチンが16%も短いということがわかっているのです。

 

このように睡眠時間が短ければそれだけでレプチンの分泌量が減少してしまい、食欲が増加して高脂肪食やカロリーの高いものを摂取するようになってしまうんですよ。

 

これが睡眠時間の短い人が肥満に陥りやすいとされている理由なのです。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから