睡眠に関連した病気

MENU

周期性四肢運動障害

眠っている間に足がリズミカルに動いてしまう人がいます。主に足関節を起こす動きなのですが、膝から股関節まで曲げてしまう方もいます。

 

足

 

持続時間というのは個人差がありますが0.5秒から5秒間になります。そしてそれが20秒から40秒の感覚で生じるというのは一般的な症状になります。

 

これを周期性四肢運動というのは足が動くだけで睡眠に問題が生じなければ一切気にする必要はありません。しかし周期性四肢運動によって睡眠障害を起こしているような場合には周期性四肢運動障害と呼ばれます。

 

周期性四肢運動障害の患者さんというのは不眠や仮眠を訴えることが多いです。本人が足の動きを自覚していることもあるのですが、多くはベッドパートナーや家族から指摘されて初めて気付くということが多いようです。

 

周期性四肢運動の頻度というのは若年者で少なく年齢を重ねることによって増加していきます。
そして60歳以上の人の34%に発症しているともいわれているのです。

 

ただ周期性四肢運動障害の診断というのは難しいといわれています。

 

不眠患者の中に締めている周期性四肢運動障害の割合というのは1%から15%だと言われています。そのため睡眠障害を専門としていない一般の医療機関においては診断自体が難しいのです。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから