睡眠に関連した病気

MENU

精神生理性不眠症

不眠症というのは睡眠環境を整えると改善するというものが多いです。その中でも代表的なものが精神的なものが原因となって発症するものです。学習不眠、あるいは条件付き不眠と呼ばれることもあります。

 

不眠に悩む女性

 

これは神経質な性格の人が発症する傾向が非常に強く、過去に睡眠におけるトラウマや失敗体験をしていることで眠ること自体に苦手意識を持つなどして陥ってしまう不眠症のことをいいます。

 

睡眠そのものに苦手意識を持っている状態ですので布団を敷いたり、眠る準備をしているだけでも緊張してしまいます。

 

数日後に大事な試験があるような場合に緊張して眠ることができない、というのも精神生理性不眠症です。

 

しかし、このような不眠というのは一時的なものですので、試験が終われば改善されていきます。

 

精神生理性不眠症を発症すると、試験が精神的負担となっているのではなく、寝不足が原因となって試験が上手くいかなかったらどうしよう…

 

といったように睡眠自体が不安要素になってしまいます。

 

このような症状を発症する人というのは真面目な人が非常に多く、治療するために少しでも早く布団に入らなければならない!そのように強迫観念にとらわれてしまうこともあります。

 

寝ようと思えば思うほど眠れなくなる…このような経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか?

 

長期的に精神生理性不眠症が続く場合には少しでも早く専門医に相談をしてみるようにしましょう。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから