睡眠に関連した病気

MENU

むずむず脚症候群

少し奇妙な名前で馴染みのない病気ではありませんが、
実は患者数が増加している不眠症としてむずむず脚症候群は注目されているのです。

 

むずむず足症候群

 

このむずむず脚症候群というのは夕方から夜にかけて、
または布団に入って眠りかけた時に足がむずむずして寝ることができない、というのが特徴になります。

 

寝ている時によく足を動かしている
というような指摘を受けたことがある方はもしかするとこのむずむず脚症候群であるかもしれません。

 

むずむず脚症候群の症状
  • むずむず脚症候群というのは異常感覚のために足を動かしたくて仕方がない!
  • ふくらはぎや足の甲、足の裏に痛みや不快さを感じるのが一般的です。
  • これらの異常感覚というのは人によって違いがあります。
  • 虫がはうように感じることもありますし、痛みや不快さを感じることもあります。

 

このむずむず脚症候群の症状というのは朝ではなく夕方から夜にかけて酷くなります。むずむず感によって寝付きが悪くなりますし、熟睡することができずに夜中に目覚めて、その後は一切眠れなくなってしまうこともあります。

 

普段の生活の中以上のような症状を発症しているのであれば、むずむず脚症候群であると考えて良いでしょう。むずむず脚症候群によって不眠状態に陥ってしまう方も非常に多いですので軽視してしまってはいけません。

むずむず脚症候群と病気の関係性

むずむず脚症候群との関連性を指摘されている病気

むずむず脚症候群の患者さんの半数以上は睡眠中において足関節の曲げ伸ばしをする周期性四肢運動障害発症しているということがわかっています。

 

さらに貧血や腎不全、心不全やパーキンソン病の方もこのむずむず脚症候群を発症する可能性が高いと考えられています。また色々な体の病気によって起こる続発性のものや、原因は不明の特発性のものが多いのです。

 

続発性むずむず脚症候群の原因となっている病気としては鉄欠乏性貧血や葉酸欠乏、糖尿病、がんといったものが考えられています。特に高齢者や妊娠中の女性というのはむずむず脚症候群を発症しやすくいために注意が必要です。

 

アルコールやカフェイン

またアルコールやカフェインの過剰摂取もこのむずむず脚症候群の原因になることがありあすので注意をしておくようにしましょう。

 

ドーパミンとの関連

さらにドーパミンという物質があまり作られていないことが特発性むずむず脚症候群の原因となっているのではないかと考えられています。ドーパミンというのはパーキンソン病にも関係している脳内の神経伝達物質のことです。

 

このドーパミンをつくるためには鉄分や葉酸が不可欠です。そのためドーパミンの濃度が下がるとムズムズしてしまったり、知らないうちに脚が動いてしまうようになるのです。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから