睡眠に関連した病気

MENU

交代勤務性障害による不眠

交代制の勤務や深夜勤務をしている方というのは昼夜のリズムと覚醒、そして睡眠とのリズムが崩れています。そのため、色々な症状が出てしまうようになります。

 

時計

 

特に勤務スケジュールと関連をして一時的に強烈な眠気に悩まされることが多くなります。このような時に不眠を訴えている睡眠障害のことを交代勤務性障害といいます。

 

日本にける交代勤務性障害の頻度というのははっきりとはわかっていません。

 

しかしスウェーデンにおいては、日勤と比較をすると深夜勤務の方に交代勤務性障害における発症率が6倍にも及んだのです。また勤務後に睡眠をとる時には、騒音が気になる、という方は11倍にも及んでいるのです。

 

交代勤務性障害の主な原因となっているのは体内時計が狂ってしまうことなのです。ジェット機で海外旅行をした時などにおこる時差ボケが夜勤や交代勤務の時にも発症をしている病気なのです。

 

仕事の時間に合わせて眠ったり目覚めたりしていると外界の明暗リズム、そして睡眠と覚醒リズムとがリンクしてしまうようになりますので、遺伝子レベルにおける問題になります。

 

この遺伝子レベルの問題を急に変えようとしてしまえば、当然ですが体に異常が出てしまうというのは当然のことなのです。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから