睡眠に関連した病気

MENU

睡眠麻痺と反復孤発性睡眠麻痺

日本だけのことではなく世界的にみても金縛りというのは幽霊的なものの仕業だと考えられていることが多いです。しかし研究が進むに連れて金縛りというのは睡眠麻痺という睡眠障害が原因となっているということがわかってきているのです。

 

ベット

 

この睡眠麻痺を経験する確立というのは4割から5割だとされています。日本における調査でも4割の方が一度は経験をしているということがわかっているのです。

 

ナルコレプシーのような明らかな病気であるわけでもなく、睡眠麻痺を繰り返しているような状態を反復孤発性睡眠麻痺と呼んでいます。

 

睡眠麻痺が起きた時というのは脳は目覚めている状態です。

 

しかし筋肉は完全に緩んでいて体は眠っている状態において夢を見ることの多いレム睡眠中というのは筋肉は動かないにも関らず、脳が活発に活動しているのです。

 

脳だけが完全に目覚めてしまっていると睡眠麻痺が起きてしまうのです。

 

睡眠麻痺の間というのはほとんどの筋肉を動かすことができるのですが、目玉やまぶたというのは少しだけ動かすことができます。呼吸するための筋肉は通常通り動いています。そのため胸を圧迫されたり、息苦しさを感じるようになってしまうのです。

 

変なものが見えたりする幻覚というのは脳内麻痺における25%から75%の方が経験しているのです。

睡眠麻痺の原因と予防法

睡眠の質が問題

睡眠の質が悪かったり睡眠時間が不足している、もしくは日中に睡眠をとる習慣があると睡眠麻痺になりやすいということがわかっています。

 

これは睡眠の後半に多くあらわれるレム睡眠が根付いてすぐに現れてしまうからです。

 

健常な人を睡眠中に強制的に目覚めさせるという実験においては再び根付いた時にレム睡眠が表れてしまい同時に睡眠麻痺も起きたのです。

 

時差ボケ

時差ボケの時に体内時計を急にリセットしようとすると睡眠麻痺が起こりやすくなるのです。

 

寝る姿勢

眠る時の姿勢においては仰向けにおいて寝るときに起こりやすくなります。精神的なストレスが非常に大きく関係しているのです。

 

性格的問題

性格も関係しています。偏執的、妄想的な性格傾向に強い方というのは睡眠麻痺を起こしやすくなります。また精神探偵剤などを使用している方も発症しやすくなります。

 

睡眠麻痺の回数が多く精神的な影響の大きい場合にはまずは精神的な負担を軽減する必要があります。

 

まとめ

多くの場合には睡眠麻痺は超自然現象ではなく科学的に解説するメカニズムで起きているということを理解することで、より効率よく悩みを改善することができるということを覚えておくようにしてください。

【不眠症対策は副作用のないサプリメントではじめよう!】


マインドガード マインドガードDXはセロトニンの成分になるトリプトファンをはじめとした必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、また睡眠に効果的といわれるレスベラトロール、ギャバ、クワンソウの成分を溶かし込んで作られたドリンクです。吸収量はサプリタイプの2倍以上! 

マインドガード詳細はこちらから


ネムリス セロトニンの生成を補う成分、トリプトファンのほか12種類の睡眠成分配合サプリメント。筑波大学で行われた検証実験でネムリスを飲んだ夜の脳波を調べた結果、深いリラックス状態の休息に入っていることが確認されました。脳波データで裏付けのあるサプリは国内初。

ネムリス詳細はこちらから


ルナハーブ 睡眠成分は南アフリカのハーブ「ゼンブリン」、中国のハーブ「ラフマ」、古代ギリシアからヨーロッパで安らぎハーブとして広まっている「バレリアン」とめずらしいハーブを中心にその他16種類の睡眠成分を配合。

ルナハーブ詳細はこちらから