セロトニンで不眠症対策・改善

MENU

睡眠薬とは

睡眠薬とは、不眠症を解消するために使われる薬物です。不眠の原因を解消することで入眠を促進する働きがあります。

 

不眠状態が長く続き生活習慣を整えても効果がない場合は薬に頼るしかありません。
睡眠薬を服用してぐっすりと眠ることができれば疲労・ストレスが軽減して、入眠しやすい状態に近づくでしょう。

 

睡眠薬

 

睡眠薬を服用する前には、医療機関(内科、精神科など)で診断を受けた方がより良い効果が得られることが多いです。

 

入眠障害・睡眠の質が悪い・夜中、早朝に何度も目が覚めるなど、症状によって薬を使いわける必要があるためです。そのため家族や友人から睡眠薬をもらって飲むことは絶対にいけないことなのです。

 

また一般の方が間違えやすい情報として、睡眠薬を飲むと慢性化して手放せなくなるという話がありますが、適切な使用方法を守ればそのようなことはありません

 

自己判断で薬を飲んだり・やめたりすれば、薬効が弱くなって睡眠障害が続くことになります。その結果、薬を手放せなくなることはあります。しかし医師の指示に従って飲んでいればこうした心配はいりません。

 

最初は規定の服用量を守り不眠が解消してきたら段階的に量を減らしていくのです。最終的に薬に頼らずに眠られるようになれば、もう睡眠薬は必要ありません。

 

軽度の不眠症ですと生活習慣を整えることで治るケースがほとんどです。疲労やストレスを解消する・寝る前にものを食べない・アルコールは適量にする・入浴して身体を温めてから寝る、という対策により解消することが多いのです。

 

むしろ、これらの方法で改善しない不眠症の場合はすでに自力では治せない可能性が高いと言えます。不眠症を放置しておくと仕事の効率が低下し、多大なデメリットを被ることになります。さらに日中の眠気につながり、重大・危険なミスを犯しかねません。

 

慢性的な不眠症を治すためには、睡眠薬を飲んで心身を落ち着かせて自然に入眠できる状態に導くことです。近年の睡眠薬は効果が高くて副作用が弱いタイプが増えており、用法・用量を守って服用すれば何の問題もありません。

睡眠薬の基礎知識

睡眠薬は不眠症の症状(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害)によって使いわけます。
また、不眠の原因によっては、生活習慣の改善も必須となります。

 

睡眠薬の基礎知識

 

不眠症になるのは、ストレスや精神疾患が主な原因だと言われていますが、医療従事者の意見の多くは生活習慣病、環境の問題、過度の喫煙・飲酒も関係しているというものです。

 

更に複数の要因が影響していることも多く、原因を特定するのでしたら医師の診断を受ける事が確実な方法です。

 

また不眠症の治療は内科で受けられる方が多いですが、ストレス・うつ病などが原因の場合は、精神科や心療内科などで治療したほうが好ましいです。心因的な問題を解消しつつ、睡眠薬を服用して不眠状態を解消させます。

 

さて、睡眠薬は作用時間によって分類されています。

 

日本には、超短時間作用型、短時間作用型、短・中時間作用型、中時間作用型、長時間作用型があります。

 

即効性のあるタイプほど持続効果も短くなり、翌朝まで効果が残りません。そのため、軽度の不眠症解消に役立ちます。

 

逆に、作用時間が長くなるほど、翌朝まで効果が続く特徴があります。それゆえ、薬効成分が体内に蓄積され、副作用が発生しやすくなるのです。

 

これを持ち越し効果と呼んでおり、日中の眠気、仕事上のミス・事故などを誘発する原因となっています。

 

また、睡眠薬を服用する方は、不眠症の原因の特定・解消にも努めましょう。原因を放置しておくと、必然的に睡眠薬を飲み続けるしかなくなり、長期連用に至ってしまうのです。

 

眠られないから薬に頼るのではなく、なぜ眠られないのか原因を探すことが大切なのです。

 

長期連用すると依存症になり、薬を手放せなくなります。薬による耐性が生じると、本来の用量では効果が出なくなり、服用量を増やすことになります。その結果、体内に薬効成分が蓄積してしまい、より強い副作用が生じてしまうのです。

 

この問題は、自己判断で睡眠薬を服用したり、止めたりすることが原因で起こります。長期連用している方ほど、服用量・期間の判断は医師に委ねる必要があります。

睡眠薬の基礎知識記事一覧

マイスリーとは、睡眠導入剤のひとつです。超短時間作用型に属するため、主に入眠障害を解消するために用いられます。マイスリーは、脳の神経を落ち着かせることで、心地よい眠りに導く作用があります。自然に入眠できる点がが一番の特徴であり、睡眠薬のなかでは副作用が弱く、安全性も高くなっています。ただし、一般的な医薬品の中では習慣性が強いため、長期連用するのは避けてください。また、服用する際は医師の指示に従いま...

ハルシオンは脳の神経を鎮めることで、自然な眠りに導いてくれる睡眠薬です。睡眠薬の中でも即効性があり、安全性も高いことで知られています。布団に入ってもなかなか眠られない、最近寝つきが悪い、等の困った場面で重宝されます。また、ハルシオンは安く入手できる睡眠薬でもあります。ジェネリック医薬品が販売されており、先発医薬品と同様の効果が期待できます。服用するタイミングは眠る前です。即効性のある薬なので、服用...

アモバンは入眠障害に効果を発揮する睡眠薬です。自然な入眠を誘発してくれるので、非常に効果の実感がしやすいことが特徴です。薬効はそれほど強くはありませんが、薬物依存のリスクが低い点はメリットです。服用量は7.5〜10mgです。10mgを超過しないように気を付けながら服用してください。副作用は、起床時の軽いふらつき、眠気などです。仮眠を取ったらすぐに仕事をするような状況では、服用は避けてください。仕事...

ルネスタは不安・緊張を解消して眠りにつきやすくする超短時間作用型の睡眠導入剤です。また、寝つきに至るまでが自然であり、違和感なく入眠できます。習慣性医薬品に属するため、事前に処方箋を受けてから服用してください。1回2mg(高齢者は1回1mg)を基本として、症状の度合いにより1回3mg(高齢者は1回2mg)まで服用できます。尚、服用の際には医師の指示に従いましょう。また、自身の判断で増量・減量したり...

デパスは、チエノジアゼピン系の抗不安薬です。心身を落ち着かせることで、不安・緊張を軽減させます。そのため、自律神経のバランス悪化による不眠症の解消にも使われます。本来は神経症を中心とした治療薬ですが、不眠症の原因である不安・緊張を解消してくれることから、睡眠導入剤として使用されることもあります。まず、用量は1日1〜3mg程が適量となります。そしてそれを就寝前に飲みます。ちなみに、高齢者の場合は1日...

レンドルミンは、脳の神経を鎮めることで、気持ちを落ち着かせて入眠に導いてくれるチエノジアゼピン系の睡眠導入剤です。麻酔前投与薬としても活用されます。用法・用量は、1回あたり0.25mを就寝前に服用します。高齢者は薬効が体内に残りやすいため、用量を少なくして様子を見るのが良いでしょう。長期連用すると薬に慣れてしまい、少量では効かなくなることがあります。また、急に飲むことを止めると、再び不眠症に陥る場...

リスミーは、短-中時間作用型の睡眠導入剤です。入眠障害のほか、夜中に目が覚めてしまう方にも適しています。作用はそれほど強くないため、重い副作用が生じるのはまれです。用法・用量は、1回1〜2mgを就寝前に服用します。(高齢者は1回2mgまで)高齢者にも適した睡眠薬であり、不眠症を訴えた時はリスミーを処方されることが多いです。リスミーの副作用は、眠気、ふらつき、頭痛、脱力感、口内の乾燥などです。安全性...

エバミールは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。購入する際は、医師の処方箋が必要となります。習慣性のある薬なので、長期連用をすることは避けます。用法・用量は、1回1〜2mgを眠る前に服用します。また、不眠症の度合いや、年齢などにより、用量を調整することも多いです。副作用は他の睡眠薬と同様に、眠気、頭痛、めまい、ふらつき、口内の乾燥などです。これらの副作用は軽度なものであり、大量摂取しなければ重大な副...

ロラメットは不眠症治療に使われる睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)の一種です。人間が身体の疲れを取るためには、脳が眠っていることが条件となります。脳が起きている状態で睡眠を取っても、思うように疲れが取れず、これがストレスを誘発する要因となるのです。ストレスは心身のバランスを悪化させ、不眠症を誘発します。ロラメットは脳をリラックスさせて、入眠に導きやすくします。「布団に入ってもなかなか眠れない、夜中に目が...

エリミンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(中間型)です。脳の緊張を鎮めることで、気持ちを落ち着かせます。日中の不安、緊張、ストレスを解消して、睡眠を促進する作用があります。不安を感じやすい方は、ストレスにより寝つきが悪くなる傾向があります。また、夜中に目が覚めやすくなるため、中間型の睡眠導入剤が非常に効果的です。熟睡することで脳の疲労も解消し、ストレスに対する免疫も高まります。不安を覚えやすい方...

ロヒプノールは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。ベンゾジアゼピン系の中で最も効果が高く、不眠症、抗不安に優れた効果を発揮します。それゆえ、他の睡眠薬では十分な効果が期待できない時にも使用されます。作用は中間型であり、入眠障害、中途覚醒などに効果的です。経口後、15〜20分くらいで効果が現れてきます。薬効が強いため、熟睡したい時によく用いられます。作用は7〜8時間と比較的長く、医療の業界で言われ...

サイレースは、中間型の睡眠導入剤です。寝つきが悪い方はもちろん、夜中に目が覚める方、早朝に目が覚めてしまう方にも適しています。用法・用量は、1回0.5mg〜2mgを就寝前に服用します。高齢者は1回1mgまでです。高齢者の場合、薬効が体内に残りやすいため、用量を減らしたほうが良いのです。また、サイレースの処方を受ける前には、現在使用している薬について医師に告げておきましょう。処方薬、大衆薬を問わずに...

ユーロジンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(中時間作用型)です。抗不安薬として使用されることが多いですが、不眠症の治療、麻酔前投薬などにも使用されます。不安が原因の不眠症に優れた効果を発揮します。日中の不安は、夜の不眠の原因となります。不安は交感神経を活発にし、ストレスを誘発したり、気持ちをイライラさせたりします。熟睡するためには、脳がリラックスしている必要があります。脳が緊張した状態では、寝つきが...

ベンザリンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤(中期〜長期作用型)です。不眠症のほか、麻酔前投薬にも使用されます。依存症のリスクは低いですが、持続時間が長いので翌日まで薬効が続く可能性があります。用法・用量は、1回5〜10mgを就寝前に飲みます。また、症状・年齢などを考慮して、用量を調整することもあります。ベンザリンの副作用は、眠気、頭痛、めまい、ふらつき、口の乾燥などの、一般的な睡眠薬に見られる症...

ネルボンは中枢神経に働きかけることで、自然な眠りに導く薬です。不眠症のほか、うつ病、心身症の治療にも使用されます。服用すると脳がリラックスするため、気持ちを落ち着かせてくれます。日中に感じた不安・ストレスが解消されるので、緊張によって寝つけない方にも適しています。用法・用量は、成人の場合1回5〜10mgを就寝前に服用します。精神薬を服用している方は、事前に医師に相談しておく必要があります。また、ア...

ドラールは、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。一般的な睡眠薬と同じく、緊張を軽減して睡眠を促進します。離脱症状も起こりにくく、一時的な不眠解消のために適した薬です。用法・用量は、1回20〜30mgを就寝前に服用します。睡眠薬の中では、用量がかなり多いことが特徴です。ドラールは中〜長時間、持続する持続タイプです。寝つきが悪い方はもちろん、就寝中に何度も目が覚める方にも適しています。薬効による不快感も少...

ダルメートは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。長時間作用型に属し、睡眠薬の中でもトップクラスの持続時間を誇ります。その作用は、脳の神経を落ち着かせて、自然な睡眠に導いてくれるものです。副作用が比較的弱く、安全性も高い点が特徴です。作用はゆるやかであり、そのため依存症にもなりにくいです。用法・用量は、1回あたり10〜30mgを就寝前に服用します。重度の副作用が生じる可能性は低いですが、持続時間が...

ベノジールは脳の神経を鎮め、緊張を解きほぐすことで入眠を促進させる睡眠薬です。さまざまな不眠症に効果的であり、目覚めもよく、高齢者にも適しているのが特徴です。それでいて持続時間は長いため、中途覚醒にもしっかりと働いてくれます。寝つきは良くても、夜中に何度も目が覚めてしまう方は不眠症に該当します。短期的にベノジールを服用して、睡眠リズムを元に戻すことをおすすめします。次に、用法・用量は、成人1回につ...

ソメリンは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。長時間作用型に属しており、不眠症の症状全般の治療によく使われます。ソメリンが不眠症を解消するメカニズムは、他の睡眠薬と同様です。緊張した脳をリラックスさせて、入眠しやすい状態へと導くのです。長時間作用型のソメリンは、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害に働きかけます。寝つきが悪い方、夜中や早朝に目が覚めて眠られなくなる方、睡眠時間は長いのに眠気が抜...

ロゼレムは、睡眠のリズムを整えることで、寝つきを良くしてくれる睡眠薬です。軽度の不眠症治療に適しており、一過性の症状によく処方されます。不眠症の原因に、睡眠サイクルの乱れがあります。睡眠リズムが正常だと、毎日決まった時間に眠たくなり、目覚ましを使用しなくても、朝はだいたい決まった時間に目が覚めるものです。このサイクルが乱れると、本来眠くなるはずの時間に目が冴えてしまい、寝坊をしてしまうなどの問題が...

トリクロリールは催眠鎮静薬の一種です。睡眠薬としてはあまり使われません。赤ちゃんの脳波検査の際に使用されることが多いです。成人が服用する場合は、1回1〜2gを就寝前に服用します。作用は短時間型であり、入眠障害に効果的です。トリクロリールを服用する前には、仕事、家事などを終わらせておくことです。気持ちがリラックスした状態で服用するのが好ましいのです。また、服用してから時間を置くと、眠気によって作業効...

エスクレは、中枢神経に働きかける催眠鎮静剤です。不眠症のほか、うつ病、神経症の治療にも使われています。催眠効果に優れており、薬剤が比較的早く体内から排出されます。そのため、依存症になりにくいメリットがあります。エスクレはめずらしい座薬タイプの催眠鎮静剤です。麻酔時に補助薬として使用することもあります。副作用には発疹、かゆみ、ふらつき、頭痛、めまい、などがあります。まれに、勃起障害、頻尿などが発生す...

睡眠薬には、ドリエル等市販薬もあります。一般用医薬品の睡眠改善薬は、ドリエルが初となっています。ドリエルの特徴は、患者によって効果の感じ方に差があることです。処方される睡眠薬と比べてこの特徴が顕著であり、効かない人にはほとんど効きません。人間にとって眠るという習慣は、食事・運動に匹敵するほど大切なものです。身体の調子が悪い時は、しっかりと睡眠を取ることが先決なのです。ろくに睡眠も取らずに風邪薬を飲...